お問い合わせ

コンテンツ制作 ブランディング

企業ブランディング言語開発

企業内外ブランディング・各種コミュニケーションを最適化するための各種言語開発。

内外のブランディング、マーケティング、セールス全体、

また、人材活用面での社内の求心力の最大化には、経営者やボードメンバーを中心としたあらゆる

業務領域における規律の言語化が重要です。

 

「会社の理念をしっかり言語化したい」

「魅力的なキャッチコピーを作りたい」

「経営者インタビューを言語化してもらいたい」

 

企業様のこれらの悩みに対し、弊社のコンサルタントが伴走型で全面的に支援します。

 

コンテンツ制作サービスをご検討の方

まずはお気軽にご相談ください

制作のメリット

ブランド力は、中小企業においてもとても重要です。
中小企業は、雇用創出と日本の輸出を支えるという役割を担い、国内総生産の成長率においても大いに貢献している存在です。平成30年6月に総務省と経済産業省が公表した「平成28年経済センサス・活動報告」によると、中小企業・小規模事業者の数は、2016年6月の時点で、3,578,000人となりました。大企業を含めると日本の企業全体における割合は99.7%となり、企業体のほとんどが中小企業ということになります。

このような状況下で、中小企業を取り巻く市場の環境も大きく変化しています。ある時期までは、一定のクオリティの商品を安い価格で提供すれば、商品は売れました。しかし競合他社が増える中、市場には同じような商品やサービスが出回り、他社との差別化も図りにくくなっています。消費者はどのような基準で、商品やサービスを選んでいるのでしょうか。判断基準の1つとして、「何が自分を満足させてくれるのか」という事は重要な要素となっているでしょう。
この「満足させる」要因は、商品の味や使い心地、デザインなど商品そのものに対するものもあれば、店の雰囲気や接客の態度、ロゴマークなど様々です。さらには商品誕生に至るストーリー、商品を支持している有名人、商品に対する信頼感や安心感など、目に見えないものも含めての満足感が求められているのです。
これら消費者に与える満足感を、「ブランド」と呼びます。商品やサービスに、消費者を満足させるブランドを付加し提供できる企業だけが、他社との差別化を図ることができ、消費者からの支持を獲得できるのです。また、経営理念を表現する3つの言語(ミッション・ビジョン・バリュー)に加え、各種業務を円滑に行うための各種言語開発をすることで、他と一線を画する会社としての認知度が高まるのです。

実現するためのポイント

消費者はどのような基準で、商品・サービスを選んでいるのでしょう。彼らはいつも、何が最も自分に満足感を与えてくれるのか、そこを焦点に商品や会社を選別しています。満足感とは、商品や会社に関わるすべての要素が対象となります。商品の性能はもちろん、デザイン、商品パッケージ、商品にまつわるストーリー、販売店の店員の商品知識、接客態度、これら有形無形のすべてが満足感を形作っています。この消費者が求める満足感が、企業のブランド力です。
企業のブランディングは、大きく2つに分けられます。1つは「インナーブランディング」と呼ばれる社内浸透。もう1つは「アウターブランディング」という名称の社外浸透です。両者はどちらか一方だけが存在するというものではなく、車の両輪のような関係にあります。経営者は、企業のビジョンやミッション、価値などを表す企業理念を作成します。全てはここから始まります。インナーブランディングは、社員に対する取り組みで、日々の仕事や社員研修などでブランドの浸透を図るものです。企業理念に沿って事業を推進し、仕事の質を向上させていく活動です。
これに対してアウターブランディングとは、社外の人間に対して行う取り組みであり、広告や広報活動などで外部への浸透を行います。これにより、他社との差別化を促し、企業文化に沿ったサービス提供が可能になります。この2つのブランディング活動が目指すのは、事業の発展と企業価値の向上です。社員の行動が顧客の体験価値を創造し、それが顧客の意識の中に、ブランドを生み出すことに繋がるのです。企業にとってのコアアイデンティティ、コアコンピタンスはなにか? こうした問いを社内で考え続けることは、非常な労力かと思います。また、こうした客観的な視点を社内で持ち続けることが重要です。
創業者、経営者、ボードメンバーは当然のこと、各部署の部門長の意見を丁寧にヒアリングしながら、全体感を調整してワーディング開発をしていくことが成功のポイントです。

デファクトコミュニケーションズの制作事例

事例1 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社様

東京海上日動リスクコンサルティング株式会社様は、東京海上ホールディングスの健康憲章(社員の健康に対する会社としての宣誓)を作る際、多くのステークホルダーをまたいだメッセージングを作る必要がありました。各部署の意図を組み、最も重要と思われるメッセージを抽出する作業を支援しました。

Read More

事例2 パソナ・パナソニック・ビジネスサービス株式会社様

パソナ・パナソニック・ビジネスサービス株式会社様のコーポレートサイト拡充に伴い、コンテンツの最適化戦略の策定と経営者メッセージの制作などを支援させていただきました。

Read More

事例3 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社様

東京海上リスクコンサルティング株式会社様の業務パートナーとして、三菱商事様の健康宣言の制作を支援させていただきました。三菱商事様のコーポレートサイト、関連記事、その他会社資料などより、重要と思われる情報をピックアップし、情報編集を繰り返しながら、ワーディングを編み出していきました。その文章に対して、クライアントである三菱商事内で議論を重ねていただき、文言の決定までを実現しました。

Read More