お問い合わせ

MESSAGE

弊社代表メッセージ

「コミュニケーション」という言葉は、とても汎用的な言葉です。

企業のブランディング、マーケティングにおいても、一つのコミュニケーション手法が確立されると、そのほかの企業もそれを模して同様の手法をとるケースが多々見られますが、しかしそれは正しいのでしょうか。

もしかしたら、成功事例を模倣することは、ある程度正しいのかもしれません。

しかし、全く同じ企業は存在しません。
全く同じモノ・サービスも存在しません。

そのように考えれば、やはりビジネス活動におけるコミュニケーション戦略の正解は、一通りではなく、企業の数だけ、モノ・サービスの数だけ存在すると考えられます。

私がこの会社を作った理由は、こうした状況に対して、「一社一社に寄り添ったコミュニケーション手法の確立を支援したい」というものでした。

株式会社デファクトコミュニケーションズ 代表取締役社長 高橋大樹

株式会社デファクトコミュニケーションズ
代表取締役社長 高橋大樹

社名の由来もそこにあります。

「デファクト(de-facto)」は「事実上の」という意味があります。

つまり、企業の課題や固有の取り組みにおいて、成功事例とは違うかもしれないが、「事実上(正しい)コミュニケーション戦略を構築する」という意図を込めました。

ロゴ

弊社のロゴにも同様の意味を込めています。

左にあるロゴは、「ろ過装置」をモチーフにしています。

モチーフを選んだ理由は、企業やモノ・サービスに付帯するあらゆる情報やストーリーから、訴求すべき最適な一滴を抽出し、そこを中心に、ブランディング、マーケティング、販路拡大を実現していくという意味を込めています。

私は、弊社のサービスを通じて、小さいながらも画一的ではなく、それぞれのコミュニケーション手法を確立することで固有のマーケットを持つ会社を作ることで、日本社会に寄与したいと考えています。

株式会社デファクトコミュニケーションズ
代表取締役社長 高橋大樹