お問い合わせ

コンテンツ制作 セールス&プロモーション

金融機関向けコンテンツ制作

金融機関向けコンテンツ制作代行

銀行・証券・投資信託・保険などの金融商品に関するコンテンツマーケティングやその他コンテンツ制作を承ります。

金融・マネー系コンテンツの中でも、初心者を対象にしたものは、特に難しい専門知識をよりわかりやすく、かみくだいて伝えることが必要です。

「信頼性・正確性を担保する知識」×「読ませるコンテンツ作りの経験値」の両面を有した金融ライターの協業を行うことで、最適なコンテンツ制作を実現します。

コンテンツ制作サービスをご検討の方

まずはお気軽にご相談ください

制作のメリット

金融機関はこれまで、規制業界として他業界よりもマーケティングやプロモーションなどの行動に制約を受けてきました。そのため、金融業界のコンテンツマーティングはいかにあるべきか、検討する時代が続いて来ました。
しかし、マーケティング先進国の米国では、コンテンツマーケティングによる成果が際立って上がっている業界は、金融業界だと言われているほどです。米国ではもともと、投資に関する一般生活者の関心が高いという素地があります。
ただ、米国の金融業界では昨今、もともとマネーへの関心が高い富裕層だけでなく、リテラシーのそれほど高くない一般層に対する「教育」的なコンテンツを充実させているという動きが目立ちますが、インフォグラフィックスや動画などを用い、難解なテーマをわかりやすく、視覚的に見せるという工夫がされており、特に動画はマーケティングROIの向上が見込まれるといわれます。
このように、国内でも金融機関のコンテンツマーケティング施策はどんどん活性化していくでしょう。中長期的なブランドデザイン構築を前提としてもコンテンツマーケティングは非常に大きな成果を齎す施策です。

 

実現するためのポイント

マーケット予想記事

金融とくに 為替、国内株式、海外株式、証券、コモディティ、仮想通貨など投資に関するマーケットはコンテンツになりえます。マーケット予想や、現状のマーケット概況・説明コンテンツは、一般投資家にとっては非常にニーズが高いものです。マーケットが安定化しているときはもちろんのこと、過熱しているもしくは停滞している時でさえ、それに付随した将来予想のニーズはあります。つまり、金融機関にとって市場予測記事とは、PV向上、もしくはハウオピニオンを提供し、ナーチャリングを向上させるコンテンツなのです。
想定対象ユーザーとなる投資家のペルソナ設定を行い、それに対するクリエイティブを実行することが重要です。投資家のコミュニティやマーケット関連情報は、その閉鎖的な環境から、独特の言い回しがされることが多いですが、必要に応じて難解な情報を簡易的に紐解き、伝えることなどがコツです。

商品・サービス紹介記事

金融・投資商品の商品・サービス紹介コンテンツは、広告審査やコンプライアンスなど、クリアすべき課題の多いコンテンツです。当社の金融系ライターは、銀行や証券、またその他業界のコンプライアンスマターを把握し、実際に多くのサービス紹介コンテンツを制作していくことが可能です。
金融商品・サービスは、多くの場合、必要なユーザーに認知すらされていないということが多いです。これは、営業手法の問題や、数の問題などもありますが、営業ツールとしての質にも問題が隠されています。適切な営業ツールを作成することで、金融商品・サービスの認知度と販売個数は高まります。
金融商品と通常の商品の最も大きな差は、その「分かりやすさ」にあります。通常の商品は、ユーザー・購入者のリテラシーがある程度高いものが多く、また体験的に商品を選択しやすいですが、金融商品は、その商品特性上、理解が困難であることが多いため、「商品の分かりやすさ」と「自分が買うべき商品だ」ということを伝えることが重要です。