お問い合わせ

コンテンツ制作 ブランディング

代表・経営者メッセージ

「会社の顔」である経営者・代表者のメッセージ創出

「自分たちがどの市場で、何を強みとして戦っていくか」、「顧客にどのような価値を認めてもらえるよう、働きかけるべきか」という企業の存在意義を考えるのが、ブランド戦略であり、企業理念です。企業理念を最もリアリティ高く語ることのできるのは、社長以外にはいません。社長インタビューでは、創業時の思い、会社の歴史、商品・サービスへのこだわり、開発秘話、将来に向けての事業イメージなどについて、詳細に取材することにより、「社長の価値観」を読者に明確に伝えることが可能です。その価値簡に共鳴し、消費者に自社のファンになってもらうことが、社長PRの効果の一つです。

コンテンツ制作サービスをご検討の方

まずはお気軽にご相談ください

制作のメリット

例えば、人材採用におけるマッチングでも、社長が主張する企業理念は効果を発揮します。採用活動において、企業側は事前に自社の企業理念や想いについて、応募者に明確に提示しておく必要があります。その際に、自社の価値観を共有できる人材であれば、入社してからのミスマッチは起こりません。採用に関する情報を発信する場合、トップが等身大で自社のカラーを前面に押し出す姿勢が大切です。「この会社の社風が好きだし、会社のカラーが自分に合いそうなので、この会社で働きたい」と思う人材を、多く集めることができるのです。

実現するためのポイント

企業文化の浸透は、「認知的理解」、「情緒的共感」、「実践行動」から成り立っています。すなわち社員は、「想いを理解し、共感しているからこそ、行動できる」わけです。そして、トップがその「想い」を余すところなく語ることのできる機会が、社長インタビューなのです。会社の顔はやっぱり社長。そんな社長の想いをマーケットに伝えられるのが「社長メッセージ」です。しかし、社長の想いを押し出しすぎていたり、畏まりすぎていたりなど、ちょうどいいメッセージは多くありません。社長メッセージ制作のコツは、どういった方針でコンテンツを設計するかという部分を明確化し、適切なヒアリングシートを持って、その情報構成を具現化することです。

コンサルタントとライター・エディターのワンチーム化

デファクトコミュニケーションズでは、コンテンツの専門家であるコンサルタントと、ライター・編集者によるコミュニケーションツール作成プロフェッショナルがワンチームとなって社長メッセージの政策に臨みます。