お問い合わせ

コンテンツ制作 その他

コンテンツ編集・監修

各種コンテンツの編集・校正・校閲・監修などを通じて、コンテンツの事故を防ぎ、価値を高めます

コンテンツの編集・校正・校閲・監修は、メディア企業、事業会社のコンテンツマーケティング運用などに

おいて重要な業務ですが、膨大な人的リソースの確保が必要なものです。

また、専門知識を有していない場合は、専門家の協力が必要になるケースがあります。

 

Webコンテンツのみならず、営業ツール、各種資料に関しても正確な情報はもっとも重要なものですが、

弊社では経験豊富な専門家による校正・校閲作業を実現しています。

 

「コンテンツ監修を依頼し、メディア運営上の事故を未然に防ぎたい」

「PV確保のため、最も効率的なコンテンツ編集を依頼したい」

「コンテンツをリライトして、CVRを高めたい」

 

こうした企業ご担当者様の課題を解決します。

コンテンツ制作サービスをご検討の方

まずはお気軽にご相談ください

制作のメリット

時間と手間をかけていい記事やコンテンツを作ったとしても、「トンマナがずれている」、「誤字脱字が多い」などのケアレスミスの集積によって、その価値が低減してしまうことがあります。徹底した校正・校閲を行うことで、そのコンテンツや情報の持つ価値を最大限にユーザーに伝えることができます。また、昨今はWELQなどの問題もあり、Googleから正確性の低いコンテンツが規制される傾向にあります。コンテンツ監修作業は、こうしたリスクを未然に防ぐメリットがあります。

実現するためのポイント

校正・校閲は専門資格があるほど特別なスキルが必要な領域です。また、一般的な校正だけでなく、その業界に特化した知識を有した監修者による監修を実施し、コンテンツの質を向上させることも重要です。弊社では、医療・美容・税務・財務・金融(投資商品)、各種コンプライアンス関連、M&A業界など、あらゆる業界、業種知識の専門家をネットワーク化しています。こうしたリソースを活用することが、監修作業のポイントです。

コンテンツ監修レイヤー

「コンテンツ監修レイヤー」
上記の3段階のコンテンツ監修を承ることが可能です。コンテンツ監修サービスに関しては、こちらもご確認ください。 コンテンツ監修・校正校閲サービス 「Edit-us(エディタス)

デファクトコミュニケーションズの制作事例

事例1 株式会社CFPコンサルティング様

株式会社CFPコンサルティング様では、育毛比較に関する広告メディアを運用しており、そこで、医師の監修が必要でした。弊社では、メディアのテーマに合致する監修医師をアサインし、該当する記事コンテンツの正確性を担保するために、監修を依頼、その結果、メディアとしての価値向上に寄与しました。

Read More

事例2 株式会社アラン・プロダクツ様

株式会社株式会社アラン・プロダクツ様が運営するメディアにおいて、コンバージョンレートが相対的に低い記事のてこ入れを検討。ライターや校正者・マーケターをチーム化する必要がありました。弊社と協業し、薬機法(薬事法)、医療、美容に精通する有資格ライターによる制作体制を構築、300記事以上の再企画およびリライトを実施。Google医療系記事ペナルティの対策に繋がりました。

Read More

事例3 株式会社日本経済新聞出版社様

株式会社株式会社日本経済新聞出版社様より、定期刊行される「日経会社情報」の編集作業において、ファクトチェック、記者文面の内容精査などで多くのリソースを必要としていました。弊社の校正・校閲担当者をアサインし、株式市場、個別銘柄の各種数字、ファクトチェック、文章チェックなどにおいて書籍制作全般を支援しました。

Read More

事例4 株式会社ラクス様

株式会社ラクス様が運営するオウンドメディア「経理プラス」において、経理に関する記事コンテンツを数十、数百単位で監修・リライトを担当しました。担当のプロフェッショナルによる経理の法改正情報、経理業務効率化のノウハウの最適化に尽力しました。

Read More