お問い合わせ

コンテンツ制作 ブランディング

書籍出版

ビジネス書・専門書・カスタム出版

webマーケティング、ブランディング運用が盛んになってきた現在でも、

「出版物」の持つ力は非常に大きいものがあります。

 

商業出版ができれば最も良いですが、企業が出版社にオーダーする企業出版(カスタム出版)であっても、

コーポレートブランディングの向上に大きく寄与します。

 

弊社はコンテンツの制作会社として、商業出版・企業出版の両面から、企画・取材、執筆、編集作業の代行に多くの実績がございます。

 

「コーポレートブランディングのために書籍出版をしてみたい」

「googleの検索を気にしないブランディングアセットを作りたい」

「出版社との交渉や実際の執筆に捻出できる時間がない」

「【本を出しただけで売れなかった】という事態は避けたい」

 

こうした企業様のお悩みを解決いたします。

コンテンツ制作サービスをご検討の方

まずはお気軽にご相談ください

制作のメリット

企業として書籍を出版することは、企業ブランディングの観点から見ても非常に有効です。一般的なサイト上の記事を散発的に書いたとしても、まとまった情報価値を提供することは難しいものですが、「書籍」という、webサイトやオウンドメディアなど他の媒体とは一線を画すメディアを利用することで、圧倒的な読みやすさ、信頼性、そしてコンテンツの長期的な価値保存を実現できるという特徴があります。なお、書籍を書店に流通させることで、人材採用や営業力の向上に寄与します。

実現するためのポイント

商業出版はまず比較的ハードルが高く、商業出版(カスタム出版)であっても、膨大な費用が掛かってしまう傾向にあります。頑張ってライティングしたとしても、「本を出しただけで終わってしまった」という話はよくあること。企業ブランディングを前提とした書籍出版の場合、企業の特性や出版の目的に応じた最適な出版社を見極めることが第一のコツとなります。また、「出しただけで終わらない」という問題へのい対策として、弊社のパートナー企業と提携した「出版後のマーケティングフォローアップ」も可能。これらを実施することで、書籍出版の効果を最大化するためのコツです。

デファクトコミュニケーションズの制作事例

事例1 株式会社実業之日本社様

投資家・ビジネスマン両面に対する情報収集リテラシーの向上とその活用方法・対策・具体的かつ多くの手法についてのビジネス書「経済ニュースは嘘をつく」を執筆させていただきました。

Read More

事例2 株式会社すばる舎様

FX(為替取引)のファンダメンタルズ、テクニカル両面をテーマに、初心者~中級の投資家に必要とされる情報をまとめることで、「FXで勝つ!為替相場&チャートの見方・読み方 」を執筆させていただきました。

Read More

事例3 パンローリング社様

特に原油相場を中心に、デリバティブの基本取引方法、マーケットの読み方、市場参加者の位置付け、投資家におすすめの情報収集の方法など内容を中心に書籍を執筆させていただきました。
・原油相場 (現代の錬金術師シリーズ)
・マンガ はじめての商品先物トレード (PanRolling Library)

Read More

事例4 株式会社日経ラジオ社様

タイやベトナム、アジア地区を中心に、エマージングマーケットの概要を全般的に説明するオーディオブック「エマージング・ポートフォリオ戦略~外国株投資をするなら今だ!~」を制作させていただきました。

Read More