お問い合わせ

De-facto-Blog

企業の【コミュニケーション力】を決定づける5つのコンテンツ制作フロー

企業コミュニケーション

商材を顧客へと認知させ、購買へと導くためのマーケティング活動ですが、その方法として近年注目を集めているのが、webサイトなどの集客用コンテンツの制作です。しかし、ただやみくもにホームページやオウンドメディアなどの集客用コンテンツを作るだけでは、期待通りの効果を出すことはもちろん、場合によっては投入した予算を大きく下回る結果となってしまうこともあるでしょう。

集客用コンテンツ制作の際は、以下の5つのポイントに沿って作業を進めて行く必要があります。

コミュニケーション戦略

1.集客のゴールを設定する

集客のゴール

まず行わなければならないのが、集客のゴールを設定することです。当たり前のように感じるかもしれませんが、「PV数を上げたい」「今より多くの顧客を獲得したい」と言ったように、抽象的な目標を定めてしまっているケースも少なくありません。

しかし、このようにゴールに具体性を持たせることができなければ、必要とされる要素や改善すべき課題を明確にすることができず、本当に効果のあるコンテンツを制作することができなくなってしまうのです。

集客のゴールを明確に数値化し、そのために必要な取り組みをしっかりと検討できる体制を作りましょう。

2.顧客の特性を把握する

顧客の特性を理解する

ゴールを定めたら、次はそれを達成するために必要なターゲットは誰か、そしてそのターゲットはどういった特性を持っているのかを把握します。コンテンツそのものがいくら優秀でも、顧客になり得ない層にアプローチをしてしまっていては、効果を出すことはできません。

アンケートやユーザー調査を綿密に行い、ターゲットが「何を求めているか」を明文化し、求めている人に、求めている情報が正しく届く環境を作っていきます。

3.押し出すべき項目を決める

押し出すべき項目を決める

ターゲットと、彼らが求めるものを定めることができたら、今度はそれに合わせて押し出していくべき項目を決めます。例えば新商品の売上を伸ばすためのコンテンツを制作するとした場合、ターゲットが商品についてある程度知っている人と想定するのであれば、その利便性や経済的なメリットを伝える方が効果的です。

逆に商品について何も知らない人をターゲットとするならば、そもそもその商品はどういったものなのかを丁寧に説明しなければ、購買意欲を湧かせることはできません。

情報量が多ければ多いほど、ターゲットが求める情報の濃度は薄くなってしまいます。相手に合わせ、その相手の深部へと突き刺さる情報を絞って届ける、ということを心がけましょう。

デファクトコミュニケーションズの「コンテンツマーケティングコンサルティング」はこちら

4.タッチポイントを決める

タッチポイントを決める

ターゲットへ訴求すべき項目を定めたら、今度はそれを届けるメディアをどうするのかを考えます。一口にメディアと言っても、誰でも目にする一般メディアもあれば、業界の人間だけが目にする業界メディア、ひいてはSNSなどのサービスもあり、その情報の届け方は決して一つではありません。

適した情報を、適したタッチポイントに、適した方法で投下していくことで、顧客を獲得できる可能性が格段に向上します。

5.最適な構成・文体を定める

最適な構成・文体を定める

最後に必要なのが、構成や文体といった、細かなデザインの調整です。単純ではありますが、「ですます調」と「である調」であれば、全く同じことを書いていたとしても、読み手が受け取る印象は大きくことなるはずです。

ターゲットに合わせた、ターゲットに刺さる「見た目」を考えることも、コンテンツ制作では非常に重要なポイントとなるのです。

デファクトコミュニケーションズの「コンテンツ制作・編集監修サービス」はこちら

「マーケティング」に関する記事はこちらよりご覧ください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 国内の新型コロナウィルスの感染者数は日ごとに拡大し、4月17日現在で1万人※1を…
  2. 新型肺炎コロナウイルス関連助成金(2020年度4月版)をご説明します。…
  3. 営業のアポ取りにはコツがある/効果的な電話やメールによるアポ取りをご説明します。…

読まれている記事

  1. 2020-2-13

    FX各国通貨の特徴を抑えよう

    通貨の特徴を知れば、儲けのポイントが見えてくる 外国為替証拠金取引で取引できる通貨…
  2. 2019-12-9

    東京海上様向けブランディングツール制作実例

    東京海上日動火災保険の皆様です。 弊社のクライアントである東京海上日動火災…
ページ上部へ戻る