お問い合わせ

企業マーケティング・セールスBLOG

企業のブランディング、マーケティング施策、btobのセールス支援などに関する最新情報・お役立ち情報をご提供します。

株式会社デファクトコミュニケーションズ> ブログ> コンテンツ制作> コンテンツ制作プロジェクトを問題なく運用する方法

コンテンツ制作プロジェクトを問題なく運用する方法

コンテンツ制作 2019.12.09

目次

デジタルマーケティングの一環としてwebサイトやオウンドメディア、担当者によるブログなどがありますが、これらの集客コンテンツの作成を進めて行く場合、各種作業を散発的に実施するのではなく、それぞれを系統立てながら制作を進めていく必要があります。以下の5つのポイントに注意しましょう。

制作者のアサイン

各種商品やサービスには、実際にそれらを生み出した制作者や経営者が存在するはずですが、コンテンツの作成においては必ずしも同一人物が制作者を務める必要はありません。ホームページ上のコンテンツ制作には、「媒体把握力」「情報収集力」「文体調整力」「文章力」「表現力」「編集力」の6つの要素が必要となるため、商品・サービスに対して愛着や理解のある人はもちろんのこと、これらの要素にフィットした人材をアサインする体制やを作ることが大切です。

ビジネスライターに求められる6つのスキル
ビジネスライターに求められる6つのスキル

スケジュール設計

集客コンテンツは、広告的に瞬発的にアクセス数を高めて集客を見込むものではなく、長期的な効果によって結果を出していくことが求められます。そのため、「集客のゴールを定義する」で設定したKPIに紐づき、経営的に、いつ頃までにどの程度の集客を必要とするかから逆算した設計をし運営しなければなりません。

コンテンツ制作のスケジュール設計
コンテンツ制作のスケジュール設計

コンテンツ企画を出す

集客コンテンツの露出先は「利用すべきタッチポイントは何か?」で示した最も効果的なタッチポイントを利用していきますが、それぞれコンテンツの元となる「コアなネタ」を網羅的に抽出しなければなりません。「コアなネタ」の有無で、各種コンテンツが相乗効果を発揮できるかどうかが決定付けられるため、さまざまな拡がりを期待できる企画を考えましょう。

コンテンツ企画を出すためのフレームワーク
コンテンツ企画を出すためのフレームワーク

コンテンツマーケティングを実施するには、「何を作り上げるか」を企画することから始めなければなりません。

コンテンツは内容の粒度によって、誰しもが関心を持つライフスタイルコンテンツ、商材や業界に関する一般的かつ辞書的な知識が得られるコンテンツ、商材および企業の優位性を紹介するオリジナルコンテンツの3つに分類。

訴求すべきターゲットを選定し、コンテンツの粒度によりどこから作成すべきか、優先度を決定します。数百規模のストックコンテンツを作成するため、当社のノウハウに基づき独自に作成した専用のフレームワークを活用して、MECE的に実施すべき企画の全量を網羅的に抽出します。

フレームワークは、想定読者の認知レベルとコンテンツの性質を組み合わせたものや、代表的なライフイベントごとに訴求商品を組み合わせたものを元にして訴求すべき内容を精緻化するため、企画の抜け漏れが発生しません。

各ステージにおけるペルソナが持つインサイトに応じて適切なコンテンツを提供することで、潜在顧客層への認知の拡大から顧客化、LTVを最大化するためのリードナーチャリングを実現します。

デファクトコミュニケーションズの[コンテンツマーケティングコンサルティング」はこちら

媒体ごとに制作し分ける

上記の「コアなネタ」を料理の素材としつつ、メルマガ用、SNS用、コンテンツマーケティング用といった形で、それぞれの文体やトンマナを切り分けながらコンテンツを大量生産していきます。その際の文体・トンマナは「最適な構成・文体はどれか?」で定義した内容に沿って設定していきます。

メディアの性質に合わせたコンテンツの作り方
メディアの性質に合わせたコンテンツの作り方

効果測定ツールを設定する

以上4つのポイントに沿ってコンテンツを制作し、実際にリリースを行った後は、今後の運用・最適化を前提に、効果測定ツールを導入するようにしましょう。繰り返しになりますが、集客コンテンツは一時的な効果を期待するものではなく、改善を重ねながら長期にわたって効果を発揮させなければなりません。リリースに力を注ぐだけでなく、リリース後の運用にも同等の熱量を持って取り組みましょう。

コンテンツPDCA
コンテンツPDCA
デファクトコミュニケーションズのコンテンツ制作「4つの強み」はこちら
デファクトコミュニケーションズの「コンテンツ制作・編集監修サービス」はこちら

「コンテンツ制作」に関する記事はこちらよりご覧ください。