お問い合わせ

De-facto-Blog

ニュースから「近視眼バイアス」を外す

ニュースから「近視眼バイアス」を外す

たいてい、人間は「身近で起こったニュース」に注意を向け、重要視する傾向があります。これは、ほとんど無自覚に起こっているでしょう。ある調査によれば、自分の名字を呼ばれると、他人の名字を呼ばれた時の3倍ほど聴力がアップするというのです。テレビをつけながら部屋の掃除をしている時などでも、テレビに注意など向けていないはずなのに、出身地のニュースが流れたとたんに「おや?」とニュースに注意が向いてしまうことがあるのではないでしょうか。

「耳にしたことのある単語には、無意識に注意を向けがち」ということです。

この無自覚な「注意力の距離」は、油断していると、投資またはビジネス上での判断を歪めてしまうきっかけになってしまいます。

例えとして、サブプライムローン問題が起きたころの株式市場を挙げてみましょう。ドルやダウが下落し、日経平均も同様に下落しました。国内の大企業のほとんどが、株価を下落させたのです。大企業とはたとえばホンダやトヨタ、財閥系の三菱、三井、住友、ソフトバンク、ドコモなど、誰でも耳にしたことのある企業ばかりです。

この「耳にしたことのある」という部分が問題で、それだけを判断材料に「日本経済は本当に停滞に向かっているのだ」と決め込んでしまうと、他のニュースに勝手にバイアスがかかってしまうのです。

「耳にしたことのある企業株価の下落」はただの「点」にすぎません。これを「線」にするには、全体を見渡して、普段あまり気にとめない企業の株価を見てみるのがいいでしょう。

たとえば、「山崎製パン」や「プリマハム」。日本経済の象徴として食品会社の株価が取り沙汰されることはほとんどないが、サブプライムローン後も、実は全然株価が落ちていませんでした。その他にも、㈱カカクコムなど新種のインターネットメディアも元気だったし、地方の人じゃないと知らないような、全国的に有名だとはいえないスーパー展開メインの企業の株価が上昇するなどの現象も見られました。

このように、視点を広げると、「日本経済はもう停滞に向かっている」という独断的な判断が、少しだけ好転して見えてくるでしょう。もっと考えると、大企業の株式は外国人投資家がその多くを持っていて、彼らが不安になると売りに入ります。つまり「海外からの売り主導で下落しているのかもしれない」というアイデアが浮かんでくるのです。そうなると、「急激な株価の下落は、まだ実体経済に即した悪化ではなく、マネーゲーム的なニュアンスが強いのでは?」という側面も見えてきます。そうなれば、株式投資やビジネスチャンスを狙う商売人にも、希望が芽生えてくるでしょう。

こういう風に、近視眼的になってしまう時は、一度、「耳にしたことのある企業の株価」の「価値」を確認し、バイアスを消すことが重要です。

関連記事

おすすめ記事

  1. 営業のアポ取りにはコツがある/効果的な電話やメールによるアポ取りをご説明します。…
  2. 国内の新型コロナウィルスの感染者数は日ごとに拡大し、4月17日現在で1万人※1を超え…
  3. 新型肺炎コロナウイルス関連助成金(2020年度4月版)をご説明します。…

読まれている記事

  1. 2020-2-13

    FX各国通貨の特徴を抑えよう

    通貨の特徴を知れば、儲けのポイントが見えてくる 外国為替証拠金取引で取引できる通貨…
  2. 2019-12-9

    東京海上様向けブランディングツール制作実例

    東京海上日動火災保険の皆様です。 弊社のクライアントである東京海上日動火災…
ページ上部へ戻る