お問い合わせ

De-facto-Blog

健康経営とは?健康経営の概念やメリット、取り組みの基本などをご紹介

「働き方改革」の推進により、従業員の働きやすい環境の構築が推進されています。こうした中、働き方改革と同様に重要視されているのが、「健康経営」です。少子高齢化社会が進行する日本にとって、労働生産性を高めるためにも従業員の健康を維持するのは必要不可です。

ここでは、「健康経営」とはどのようなものか、「健康経営」が推進される理由やメリット・デメリット、そして「健康経営」に取り組むためのポイントをご紹介します。

健康経営とはどのようなものをさすのか

「健康経営」とは、ロバート・ローゼン博士というアメリカの臨床心理学者が提唱した「ヘルシーカンパニー」という考え方から生まれた言葉です。一般的に、企業の経営と従業員の健康というのは、別のものとして認識されていたのですが、これをひとまとめに考えて、従業員個人の健康を維持管理することにより、企業の業績向上・労働生産性の向上を狙うという考え方を表します。

従業員が健康でいることができれば、医療費の削減へとつながります。また、体調を崩すことによって生じる労働生産性の低下を抑え、最高のパフォーマンスで収益向上や株価上昇などの効果を期待することができるのです。

なぜ健康経営が提唱されたのか

近年、なぜ健康経営が注目されるようになったかというと、次のような要因があります。

・少子高齢化による生産年齢人口の減少
・人手不足
・医療費の増加

少子高齢化によって、従業員の高齢化や生産年齢人口の減少が問題となっています。労働力の不足が叫ばれる中、貴重な従業員が高齢化によって体調を崩して働けなくなった場合、企業としては大打撃となります。

さらに、少子高齢化ということは採用する若手も減るということなので、慢性的な人手不足に悩む企業も増えています。医療費の増加は、一見企業に関係がないように思えますが、国民の医療費が高まることで、企業の社会保険料負担の増加へとつながるのです。事実1990年には20兆円だった国民の医療費は2013年以降40兆円を超え、現在でも増加の一途をたどっています。

このような背景により、健康経営が大きく注目されているのです。

健康経営によるメリット

健康経営を推進することで、次のようなメリットがあります。

・生産性向上

従業員が健康になることで、体調不良による欠勤率低下を期待することができます。さらに、健康を維持することで従業員のモチベーションも向上し、やる気につながるでしょう。それによって離職率の抑制へとつなげることも可能です。

・リスク管理

従業員が健康じゃない状態で働き続けるということは、労働中や通勤中の事故や病気の発生を引き起こすリスクを有している状態になります。健康経営で従業員の健康を維持することで、これらのリスクの低減を期待できるでしょう。

・コスト削減

健康経営の企業が増えることで、国民医療費を低下させることができます。これによって社会保険料の抑制へとつながり、最終的に企業が負担する保険料というコストを抑えることが期待できるでしょう。

・企業価値の向上

経済産業省では、「健康経営銘柄」や「健康経営有料法人認定制度」など、健康経営を実践している企業を見えるように制度設計を行っています。これにより、健康経営自体を企業のPRポイントとすることができるようになっているのです。

健康経営に取り組むためには

健康経営に取り組むためには、第一に従業員の健康を管理するための人員、部署が必要となるでしょう。現在義務化されている健康診断やストレスチェックなどを活用して健康管理に力を入れましょう。

また、労働環境の見直しをする必要もあります。たとえば、従業員の長時間労働や休日出勤が常態化していると、疲労によって健康を害するリスクがあります。従業員の人数や労働環境が適切かをしっかりと見直しましょう。そのほかにも、小さなお子様がいる従業員については、時短勤務やフレックス制度などの検討もおすすめです。

もちろん、従業員自身の意識改革も重要です。健康を維持増進するためには、日常生活における食事や運動、睡眠がとても重要となります。なぜ健康を維持する必要があるのか、健康維持により、どのようなメリットがあるのかを社員教育として行い、意識の向上を図りましょう。

まとめ

「健康経営」とは、従業員の健康を維持することによって、最終的に企業の生産性向上などを目指す経営管理の概念のことを言います。世界的に見ても、早いスピードで少子高齢化が促進する日本、比例して労働力の不足も深刻化しています。

従業員に健康を維持してもらうことは非常に重要なことであり、政府が力を入れている取り組みです。生産性向上やリスク管理、企業イメージアップなど、企業にとってもメリットは大きいので、ぜひ健康経営に取り組んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

  1. 国内の新型コロナウィルスの感染者数は日ごとに拡大し、4月17日現在で1万人※1を…
  2. 新型肺炎コロナウイルス関連助成金(2020年度4月版)をご説明します。…
  3. 営業のアポ取りにはコツがある/効果的な電話やメールによるアポ取りをご説明します。…

読まれている記事

  1. 2020-2-13

    FX各国通貨の特徴を抑えよう

    通貨の特徴を知れば、儲けのポイントが見えてくる 外国為替証拠金取引で取引できる通貨…
  2. 2019-12-9

    東京海上様向けブランディングツール制作実例

    東京海上日動火災保険の皆様です。 弊社のクライアントである東京海上日動火災…
ページ上部へ戻る