お問い合わせ

De-facto-Blog

健康経営にメリットやデメリットはある?企業視点・従業員視点でご紹介!

少子高齢化社会の進行に伴い、医療費の拡大や従業員の高齢化、人手不足など、さまざまな問題に頭を抱えている経営者は多いことでしょう。現在、経産省は健康経営の普及促進を進めています。「健康経営」を実践することで企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、「健康経営」の企業にとってのメリット、従業員にとってのメリットや、健康経理のデメリットはあるのかなどについて、詳しくご紹介します。

企業にも従業員にもメリットのある健康経営

健康経営とは、従業員の健康管理を企業の重要課題として経営的な視点で考えて、戦略的に実践することを言います。企業は、従業員がいないと事業を回すことができません。従業員が健康であることは、事業リスクを減らすことであり、最終的には収益向上や株価アップへつなげることができるという考えから生まれました。

そもそも、なぜ健康経営が注目されるようになったのかというと、原因は少子高齢化です。従業員が高齢化し、若い人材が少なくなったということで、企業によっては人手不足が発生しています。さらに、毎年アップする社会保険料によって会社のコストは増大しているのです。そのような状態を解消するために、経産省などが健康経営を推進しています。

企業にとってのメリット

健康経営を実践すると、企業にとってさまざまなメリットがあります。

・労働生産性の向上

従業員が健康になることで、体調不良などによって欠勤となるリスクが減ります。そして、従業員自身も健康的な生活を得ることによって、仕事に対して前向きな気持ちを持つようになることができるでしょう。

・リスク管理

社員が病気やけがをしてしまうのは、それだけでリスクとなります。特に健康状態の悪い社員を働かせてしまうと、重大な事故を引き起こしたり、トラブルを引き起こしたりする恐れもあるでしょう。健康経営をすることで、そのようなリスクを回避することができます。

・企業イメージアップ

日本政府は、認定制度を設けることによって、健康経営の可視化を推進させています。認定されれば、企業が対外的にPRすることができるので自社のイメージアップにつなげることができるでしょう。さらに、企業イメージが向上することで、採用の際にもアドバンテージを得ることが期待できます。 ・コスト削減 健康経営の企業が増えれば、国民の医療費を削減することができます。そうすることで、企業が負担する社会保険料も軽くなり、コスト削減へとつなげることができるでしょう。

従業員にとってのメリット

健康経営には、従業員にもメリットがあります。

・従業員が健康になる

健康経営の最大のメリットは、従業員も健康になれるということです。健康であれば、従業員本人だけではなく、その家族も幸せになれるでしょう。仕事以外の面でも大きなポイントとなります。

・健康について意識することができるようになる

健康経営を企業が推進することで、従業員も健康についての意識を強くすることができます。また、健康に対する正しい知識も学ぶ機会が増えていくでしょう。

・仕事に前向きになれる

健康になることで、仕事に対して積極的になることができるでしょう。健康状態が悪いと、普段楽な作業も辛くなるので、仕事自体が嫌になってしまうこともあります。健康であることは、仕事に対する意識も大きく変えてくれるでしょう。

・この企業に就職してよかったと思える

企業が積極的に従業員の健康に気を使っているのがわかれば、従業員は自分が大事にされていることを自覚して、就職してよかったと感じます。やる気のアップや、雇用の維持へとつなげることが期待できるでしょう。

健康経営にデメリットはある?

健康経営自体には、メリットが多いのですが、デメリットもあります。例えば、直面するのがコスト面の問題でしょう。健康経営を実践するまで、それほど従業員の健康を考えてなかった企業ほどコストが大きくなります。これは、定期健康診断以外にも、福利厚生を含めたさまざまな施策が必要となるからです。

また、健康経営を実践しても、すぐに目に見える効果が得られないということがあります。データが蓄積されれば、効果を測定することができるものの、健康という目に見えづらいものなので、すぐに効果を感じたいという方には歯がゆいものがあるかもしれません。

まとめ

健康経営を実践するということは、企業に大きなメリットがあるというだけではありません。個々の従業員自体も健康になり、健康への意識を強くすることができます。健康経営を始めるためにはコストがかかったり、早い段階では効果が目に見えにくかったりするかもしれません。しかし、それ以上のメリットを得るためにも、企業全体の成長に向けて、ぜひ積極的に実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

  1. 国内の新型コロナウィルスの感染者数は日ごとに拡大し、4月17日現在で1万人※1を…
  2. 新型肺炎コロナウイルス関連助成金(2020年度4月版)をご説明します。…
  3. 営業のアポ取りにはコツがある/効果的な電話やメールによるアポ取りをご説明します。…

読まれている記事

  1. 2020-2-13

    FX各国通貨の特徴を抑えよう

    通貨の特徴を知れば、儲けのポイントが見えてくる 外国為替証拠金取引で取引できる通貨…
  2. 2019-12-9

    東京海上様向けブランディングツール制作実例

    東京海上日動火災保険の皆様です。 弊社のクライアントである東京海上日動火災…
ページ上部へ戻る