お問い合わせ

De-facto-Blog

健康経営の事例を知りたい!参考になる企業事例5選!

労働人口の高年齢化や若年層の不足など、雇用の問題が日々深刻化しています。企業にとって、従業員が病気などをして戦線離脱してしまうことは、事業継続へのリスクとなります。政府が推進する健康経営を実践しようとしても、何をすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、実際に効果が表れ、評価されている企業事例をご紹介します。

健康経営とは何をすればいいのか?

従業員の健康管理がうまくいくことで、企業は人手不足になるリスクを減らしたり、従業員のやる気を引き出したりすることができます。これは、結果として労働生産性の向上へとつながります。

健康経営は対外的なPR力もあることから、企業にとって実践しない理由はありません。とはいえ、これまで健康診断程度しかやっていなかった企業にとって、そもそも健康経営とは何をすればいいのか、具体的な案が出ないケースが多いでしょう。そのような場合には、すでに実践している企業の事例を参考にして、自社なりの工夫を加えるのが最善の近道です。

事例①㈱ローソン 報酬とペナルティを併用した健康経営

コンビニ大手の㈱ローソンでは、「ローソンヘルスケアポイント制度」「健康診断未受診によるペナルティ」など、特徴的な実践を行っています。ローソンヘルスケアポイントでは、健康診断の結果から課題を設定し、自分の行動を見直したり、eラーニングなどを受講することでポイントを付与され、さまざまな特典を受けたりすることができます。

さらに、そもそもの健康診断受診率を100%にするために、健康診断を受けなかった社員に対して、ボーナスカットのペナルティを与えるなどしたことから、100%の受診率を達成しています。罰だけではなく、メリットも与えることで社員が積極的になれるような施策です。

事例②㈱サカタ製作所 短期的ではなく中長期的戦略

㈱サカタ製作所では、運動・禁煙・食事・睡眠・健康診断など、トータルな健康経営を実践することで、中長期的に社員の健康を増進できるよう実践しています。例えば、運動を少しでも増やせるよう、バランスボールの利用を呼び掛けたり、サークル活動を紹介したりするなど、運動の機会を増やす取り組みをしています。

また、「禁煙チャレンジ」などの従業員支援を実施し、卒煙の手助け、生産性向上のための昼寝スペースの改善や睡眠関連の福利厚生サービスなどの展開もしています。また、健康のためのセミナーとして、講義に加えてトレーニング体験もできるセミナーを開催するなど、積極的に健康経営を行っています。

事例③バンドー化学㈱ 体力測定と個別指導をはじめとする健康増進

バンドー化学㈱では、健康診断だけではなく、年に1回、元気度チェックという体力測定を実施しています。この際に、従業員が取り組んでいる健康増進対策に対して、トレーナーが実際に個別指導を行い、ブラッシュアップできるという仕組みです。

また、労働環境を改善してストレスが発生しないようにするために、セルフケア研修・ラインケア研修を行い、社内全体で健康に対する意識向上を目指しています。生活習慣病による欠勤の減少などが効果としてあらわれています。

事例④明大工業㈱ ラジオ体操やウォーキングイベントで楽しく健康に

明大工業㈱では、健康診断のフォロー環境の徹底のほか、実際に運動機械の増進に向けた取り組みを行っています。建設現場などで行っていた毎朝のラジオ体操を本社でも実践するようにすることで、これまで運動する機会が少なかった本社従業員の運動を増やしました。

さらに、大分県が主催している事業所対抗ウォーキング企画に参加し、従業員が一致団結して楽しむ機会を設けています。強制させるのではなく、企画参加の意義を説明し、自発的に参加させることで、健康づくりに対する意識向上などの効果が表れました。

事例⑤㈱大和証券グループ本社 イエローペーパーとポイントインセンティブ

㈱大和証券グループの本社では、「イエローペーパー制度」と「ポイントインセンティブ制度」が特徴的です。イエローペーパー制度では、健康診断受診時にハイリスク項目があった従業員に対して、医師のコメントを同封する仕組みです。

これにより、従業員本人と会社がそのリスクに対して何に気を付けるべきかなどを明確にすることができます。「ポイントインセンティブ制度」では、さまざまなプログラムを展開して、それに参加することでポイントを獲得し、健康関連の景品への交換や社会貢献活動への寄付などが実施可能になりました。

まとめ

各企業の事例を見てみると、会社側がガチガチに従業員を縛るだけではなく、従業員自身が積極的に健康に対して意識向上できるような施策が多く展開されていることがわかります。ストレスも健康維持の一つです。従業員が自ら行動できるような制度を構築することが、健康経営をうまく運用するためのポイントといえるでしょう。ぜひ、参考にして自社の健康経営を実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

  1. 国内の新型コロナウィルスの感染者数は日ごとに拡大し、4月17日現在で1万人※1を…
  2. 新型肺炎コロナウイルス関連助成金(2020年度4月版)をご説明します。…
  3. 営業のアポ取りにはコツがある/効果的な電話やメールによるアポ取りをご説明します。…

読まれている記事

  1. 2020-2-13

    FX各国通貨の特徴を抑えよう

    通貨の特徴を知れば、儲けのポイントが見えてくる 外国為替証拠金取引で取引できる通貨…
  2. 2019-12-9

    東京海上様向けブランディングツール制作実例

    東京海上日動火災保険の皆様です。 弊社のクライアントである東京海上日動火災…
ページ上部へ戻る