お問い合わせ

De-facto-Blog

看護師がすすめるがん検診の受け方 人間ドックを活用して自分を守るために

みなさんは日頃から何かしらの検診を受けているでしょうか。自治体や職場の健康診断をしているから自分は大丈夫と考えていないでしょうか。これらの検診は基本的なものにすぎません。身体のことを考えてまずはがん検診から始めてみてはいかがでしょうか。現役看護師が日本のがん検診の仕組みと、なぜ自主的な受診が必要なのかを解説していきます。

がん検診の必要性とは

検診は本来、不健康な状態になる前に、病気の予防や早期発見のために受けるものです。そのため、定期的な受診をすることが最も重要です。すでに通院が必要な生活習慣病がある方や慢性的な不調を感じる方は、より意識して主体的に検診を受けましょう。

みなさんもご存知の通り、日本の死因第一位は悪性新生物、つまり「がん」です。さまざまな要因により異常な細胞が蓄積して生命を脅かす状態を指しますが、生涯で2人に1人は何らかのがんにかかるといわれています。

世界的に見れば、日本の医療体制は非常に優れており、がんの診断でさえも、そう難しいものではありません。しかし、私たちにとっては身近であり、かつ非常に怖い病気であることに変わりありません。

自分ががんを患っているかどうかを知ることは、健康維持の第一歩と言えます。

人間ドックは重要なのか?

がんの早期発見に有効な検診に人間ドックがあります。知ってはいるけど受けたことはないという方も多いでしょう。日本のがん検診には、国の指針により公費で行う「対策型検診」と、 人間ドックといった「任意型検診」があります。対策型検診は、限られた資源の中で国民全体の死亡率を減少することを目的としています。その一方で、任意型検診は、医療機関や検診機関が任意で提供している医療サービスです。任意型検診は個人の目的に合わせて、タイミングや内容を選択できます。

国の検診では死亡率の増加につながるようながんの発見に注力しているので、検査対象外となっている方の早期のがんや前がん病変は見過ごされてしまいます。そのため、より小さいうちにがんの芽を摘みたい場合は、国が設定している年齢よりも早く検診を受け、検診の頻度を増やす必要があります。

例えば、国の乳がん検診や子宮頸がん検診は、約20年前から検診間隔が1年から2年になりました。どちらも死亡率が変わらないことから、できるだけ多くの人が受診できるようにするためです。しかし、実際には1年で急速に進行するケースもありますので、人によっては2年後に受診したときにはがんが拡大している恐れもあります。

看護師である私も、乳がんと子宮頸がんは毎年検診を受けるようにしています。人間ドックを定期的に受診することは、がんの早期治療や生活習慣への注意喚起に繋がり、命や人生を左右するだけでなく、生活の質を保つためにも必要なことです。

「がんになっても死ななければいい」などと思う人はそういないでしょう。病気は人の健康を奪うばかりではなく自由や楽しみも奪ってしまいます。クオリティのある生活を保つためにも自主的な検診が必要になってくるのです。

健康を保ち、仕事も趣味も家族との生活も変わりなく行えたら、何よりも大きなメリットになるのではないでしょうか。

受けるべきがん検診の種類とは?

どのようながん検診が必要かということは、一般の人にとって判断しにくいと思います。まず行うべきがん検診は、胃がん、子宮頸がん(女性)、肺がん、乳がん(主に女性)、大腸がんの5つのがん検診です。

これらは罹患率の高いがんに対応していて、根拠のある有効な検診とされています。人間ドックでもこの5つの検診が網羅されていることが多いので、受診する機関の案内を確認してみてください。

男性はオプションで前立腺検査を受けることもおすすめします。また、子宮頸がんは20代からリスクが高まりますので、女性の場合は人間ドックの適応年齢になる前でも、子宮頸がん検診は必ず受診し始めてくださいね。

そして私がもう一つお伝えしたいのは、人間ドックの際に感染症の検査も一緒に行うことです。胃がんとヘリコバクター・ピロリ菌、肝がんとの肝炎ウイルス(B型やC型)などの感染とがんの発症の関係性が明らかになっています。

ピロリ菌は除菌を、肝炎ウイルスも治療をすることでがんのリスクを減らすことができます。先ほどお伝えした子宮頸がんも主な原因がヒトパピローマウイルス感染とされており、10代でのワクチン摂取が有効です。感染症検査の追加に関しても、受診機関の項目を確認してみてください。

検診は基本的に体に負担が少ないものを前提として、今お伝えしてきたような科学的根拠が整っているものをおすすめします。任意検査では最新の検査を受けることもできますが、その場合は担当医師によく説明を聞くことが重要です。

“定期的”な受診が大切!

がん検診に限らず、医学検査の精度は100%ではありません。しかし、定期的に検診を受け続けることで、初回検診でがんが診断できない場合でも、早期にがんを発見できる可能性は高くなります。

そのため、単発でがん検診を受診して安心せずに、適切な間隔で受診することが重要です。また、かかりつけ医を決めて継続して受診することで、以前のデータと比較することができます。見分けにくいがんの発見には比較することが必要ですし、身体の変化にも気付いてもらいやすくなります。受診する検査の確認や、些細な健康相談もしやすいというメリットもありますので、特定の場所で定期検診することをご検討ください。

これで安心!がんから身を守るポイント

積極的な受診を行う上で、お伝えしておきたいポイントがあります。「正しく知って正しく恐れる」ということです。

早期に検査することで見つかる前がん病変も、すべてががんになるわけではありません。消えたり、そのまま留まったりすることで、がんになるのはほんの数%とも言われています。その場合には、経過観察をしながら生活習慣の改善から取り組むこともできます。また、人間ドックで要精密検査とされた場合でも、結果的にがんと判断されるのは、可能性の高い子宮頸がん検診でも約5%ほどです。

多くの人ががんではないため、精密検査を通告されたら追加の検査をきちんと受けて真実を知るということが大切です。かかりつけ機関への受診を習慣にしておくと、検診結果について問い合わせたい場合でも安心です。

何かしら病気を指摘されると、簡単に得られる多くの情報に影響されて、闇雲に怖くなることもあるかもしれません。正しい知識を得ていれば、恐れるべきものごとやその対応も自ずと見えてきます。特にがんは予防ができても完全に防ぐ方法はありません。検診を味方につけて正しく自分の状態を知りましょう。

がんが原因で死亡するリスクを減らしたいのであれば、自己判断せずに厚労省が示す検診は最低限受けてください。そして自分の人生と生活の質を守りたいのであれば、人間ドックを活用してより自主的な受診行動をとってください。

国では労働安全衛生法の規定により、企業や従業員に年1回の健康診断を義務づけています。組織によっては健診の代わりに人間ドックが受診できるところも増えてきています。所属する組織の補助がある場合にはぜひ利用してください。人間ドックは医療保険が使えないため、検診の種類に応じた受診料の自己負担が必要となりますが、再検査や精密検査に移行すると保険に切り替わりますので安心して受診してみてください。

この記事を読んで、一人でも多くの方ががん検診の必要性を理解して、自主的な受診行動を継続してくださると幸いです。

文:難波安衣子 2012年九州大学医学部保健学会看護学専攻卒業、2012年九州大学病院脳神経外科、2015年横浜市立みなと赤十字病院の脳神経病棟と手術室、2019〜2021年東京大学病院手術部勤務。現在は健康と食をテーマに情報発信などマルチフリーランサーとして活動中。

関連記事

おすすめ記事

  1. 営業のアポ取りにはコツがある/効果的な電話やメールによるアポ取りをご説明します。…
  2. テーブル越しに握手を交わす、ビジネスマン
    国内の新型コロナウィルスの感染者数は日ごとに拡大し、4月17日現在で1万人※1を超え…
  3. 新型肺炎コロナウイルス関連助成金(2020年度4月版)をご説明します。…

読まれている記事

  1. 2019-12-9

    東京海上様向けブランディングツール制作実例

    東京海上日動火災保険の皆様です。 弊社のクライアントである東京海上日動火災…
ページ上部へ戻る