お問い合わせ

De-facto-Blog

「強いブランド」の特徴!Appleが徹底してきたブランディング戦略とは?

Apple社のブランド構築

事業会社が市場における優位性を勝ち得るには、「ブランディング」が欠かせません。しかし、ブランドの構築は一朝一夕に成しえるものではなく、地道な企業努力の積み重ねが必要です。今回は、世界で最もコーポレートブランディングに成功した企業の一つであろうApple社のブランド構築を分析してみます。

 

Apple社に学ぶブランド戦略 

Apple社に学ぶブランド戦略 

そもそも、ブランドとは、自社の商品やサービスを、他社のそれらと区別するための考え方を指します。ブランドのマネジメントは、経営そのものと言ってもいいでしょう。経営者の伝えたい思いを、顧客との接点である商品デザインに込めて、顧客とコミュニケーションを取る行動が、コーポレートブランディングの基本です。

Apple社のブランディングの歴史は、多くの示唆に富んでいます。かつては、Apple社の新製品の発売日には、ショップの前に前夜から人々が行列をなすのは見慣れた光景でした。東京を始めとした各地の家電量販店のApple製品を売る一画は、そのエリアだけが独特の世界観を醸し出し、熱狂的なファン層を形成しています。

このような現象は、偶然によるものでしょうか。最新機能を、洗練されたシンプルなデザインの筐体で包んだiPhoneは、感性に訴える「マルチタッチ」で多くのユーザーの心をつかみました。機能とユーザーインターフェイスとの最適な融合を目指した結果、「Apple製品」という言葉は、市場において確かな優位性を確立したと言えるでしょう。

ユーザーの感性に訴えるデザイン

ユーザーの感性に訴えるデザイン

Apple社を創業・再建した故スティーブ・ジョブズ氏は1997年にCEOとして同社に復帰しました。当時、Apple社は業績悪化のため、彼は打開策を模索していましたが、復帰後、最初の会議で社員たちにこう指摘しました。

「プロダクト(製品)が最悪なんだよ。ちっとも、セクシーじゃない!」

彼はデザインを、単なる差別化の手段とは捉えていませんでした。デザインする際に重要なことは、「ユーザーが製品を使用してどう感じるか」であると主張しました。iMacの開発時には、市場シェアや処理速度にこだわるのではなく、ユーザーがその商品に触れた時、どう感じるかにウェイトを置きました。

また、iPhoneのデザインを行った際には、「湖からディスプレイが浮かび上がってくる」というイメージから、ディスプレイを重要視するクリエイティブ・プロダクトデザインが生まれたといいます。

このように、ユーザーの感性や感情に直接訴えるデザインは、Apple社のブランディングに大きな役割を果たしたと言えるでしょう。シンプルさをデザインコンセプトの中心に置いたのです。シンプルだからこそ仕事で利用しやすく、あらゆる年代層にも受け入れられやすい、という考え方に基づいているのです。

Apple社に見るマーケティング戦略

Apple社に見るマーケティング戦略

マーケティングには、「4P理論」と呼ばれる考え方があります。 4Pとは、下記の4つの頭文字を取ったものです。

  1. 顧客に提供する商品やサービスを作り出すこと。
  2. どのような手段と経路で、商品を顧客に届けるか。
  3. 商品の存在や特徴を、ユーザーにどのように伝えるか。
  4. 価格をどう設定するか。

Apple社はこの4P理論を踏まえ、独自の戦略を展開しました。

4Pとは、下記の4つの頭文字を取ったものです。 顧客に提供する商品やサービスを作り出すこと。どのような手段と経路で、商品を顧客に届けるか。商品の存在や特徴を、ユーザーにどのように伝えるか。価格をどう設定するか。Apple社はこの4P理論を踏まえ、独自の戦略を展開しました。

まず商品(Product)においては、今までにはない、感覚的な操作性を追求したインターフェイスを搭載しました。次に流通(Place)では、アップルストアにおける優先販売を行ったほか、iTunesStoreのみでコンテンツを販売するなどの手法を取りました。そして価格(Price)は、世界統一価格とし、通信定額制プランを標準で採用したのです。

最後にプロモーションですが、以前、Apple社は、iMacやPowerBookG3などの新製品を市場にリリースした際、「Think Different」というキャッチコピーとともにキャンペーンをはりました。コピーが意味するのは、「固定観念を壊し、新しい発想でコンピュータを使用する」ことでした。

イメージキャラクターには、アインシュタインやピカソ、ガンジーなどの時代の先駆者の画像が使われました。その後も、iPhoneやiPadなどが市場投入されると、「ハード」、「ソフト」、「サービス」の3つの要因が相乗効果で働くことになりました。その背景には、緻密なマーケティング戦略が存在したのです。

Apple社がブランディングに成功し熱烈なユーザーを獲得した裏には、ユーザーの感性に訴えかけるデザインと、考え抜かれたマーケティング戦略がありました。また、製品だけではなく、パッケージ(包装)デザインにもこだわりを見せ、Apple社製品を取得すること自体に高揚感を持たせる演出も成功しました。

最新機能にデザイン性を持たせることにより、「機能とインターフェイスとの最適な統合」という明確なコンセプトを打ち出し、ゆるぎないブランドを作り上げたのです。

まとめ

Apple社のブランド戦略、いかがでしたでしょうか。私たちの多くは、Apple社が作り上げたパソコンやiPhoneなどという革新的なツールの恩恵を受けて生きているといっても過言ではないと思います。私たちは、プロダクト自体だけでなく、その開発ストーリーや、故スティーブ・ジョブズの哲学・アイデンティティに惹かれているのかもしれませんね。

なお、以下の記事では、Apple社の代表的な製品として知られるiPhoneがブランディングに成功した要因について詳しくご紹介していますので、こちらも併せてご覧になってみてください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 国内の新型コロナウィルスの感染者数は日ごとに拡大し、4月17日現在で1万人※1を…
  2. 新型肺炎コロナウイルス関連助成金(2020年度4月版)をご説明します。…
  3. 営業のアポ取りにはコツがある/効果的な電話やメールによるアポ取りをご説明します。…

読まれている記事

  1. 2020-2-13

    FX各国通貨の特徴を抑えよう

    通貨の特徴を知れば、儲けのポイントが見えてくる 外国為替証拠金取引で取引できる通貨…
  2. 2019-12-9

    東京海上様向けブランディングツール制作実例

    東京海上日動火災保険の皆様です。 弊社のクライアントである東京海上日動火災…
ページ上部へ戻る