お問い合わせ

De-facto-Blog

WEBコンテンツ制作にあたってライティング代行サービスを利用する意味

パソコンに向かう男女

企業がオウンドメディアを運営する目的は、自社製品・サービスに関する情報発信に始まり、企業ブランドの向上、見込み客のナーチャリングなど、様々です。

いずれにしろ、自社サイトを検索結果の上位に表示させ、閲覧数を増やすことは、重要なポイントです。それには、読者が読みたがる記事を、継続してアップロードすることが欠かせません。

とはいえ、担当者だけで一定量の記事を、定期的に掲載するには限界があります。そこで注目されるのが、記事作成を外部に依頼する方法です。

今回は、WEBコンテンツを作成する上で、記事執筆を外部に委託するメリット、デメリット、依頼する際の留意点などについて、詳しく解説します。

記事作成代行サービスには2つある

二つのスマートフォン

実際に記事の執筆を外部に発注する場合、記事作成代行サービスに依頼することになります。この記事作成代行サービスは、クラウドソーシングとライター専門業者の2つのタイプに分かれます。どちらを選ぶかは、記事の作成において、何に重点を置いているかで決まってきます。

大量の記事を短期間で掲載したい、費用を安く抑えたい、とお考えであれば、クラウドソーシングを利用されると良いでしょう。クラウドソーシングでは、本職のライターから、現役の会社員や主婦、学生などの「にわかライター」まで、大勢の執筆者が登録しています。品質はともかく、大量の記事を短期間で確保したいのであれば、クラウドソーシングは手っ取り早い方法といえるでしょう。ただし、登録者はプロから素人まで玉石混交ですので、記事の質はまちまちです。クライアントの要望に合わせて、一定基準の質の記事を約束するサービスもありますが、相応の費用がかかることになります。

一方、ライター専門業者は、経験豊富で専門性を備えたライターを抱えています。また、執筆した文章を、校正・校閲した上で納品する業者が多いので、はじめから質の高い文章を求めているのであれば、こちらを利用されることをおすすめします。

ライティング代行サービスを利用するメリット

エクスクラメーションマークと人形

ではここからは、記事作成を外部に依頼するメリットについて見てみましょう。

時間を他の業務に振り分けられる

オウンドメディアのコンテンツ制作に携わっている方なら、ご自分で記事を執筆したご経験はおありでしょう。自分が熟知している分野であれば、記事の執筆にさほどの苦労はいらないかもしれません。

ただこれが、自分が十分な知見を持たない領域であれば、調べながら書き進めなければならず、それなりに時間がかかります。大手企業のように、潤沢な経費と人員を充てることができるならともかく、中小企業では限られた人数で業務をこなさなければなりません。担当者が記事の作成だけに、勤務時間の大半を取られてしまっては、オウンドメディアを有効に活用することは難しいでしょう。

記事作成代行サービスを利用することで、貴重な時間を、SEO対策やコンテンツのネタ集めなど、他の業務に費やすことができます。担当者は、自社サイトの運用を全体から見通す、ディレクターとしての役割に徹することが可能になるのです。

質の高い記事を安定して確保できる

オウンドメディアにアップする記事には、読者を魅了する文章が求められます。個人のブログとは違い、ただ文字を書き連ねればよいというものではありません。文章力はもちろん、SEO対策を意識した言葉を散りばめ、文章構成を工夫するなど、様々なスキルが問われます。

それにはやはり、プロのライターの手腕が必要になります。先に述べたライター専門業者に依頼すると、文章作成に長けたライターや、専門知識を持ったライターが執筆します。また、執筆後の校正・校閲、ファクトチェックなどもなされているので、記事の質を一定に保つことができます。

記事を大量に確保できる

WEBコンテンツの担当者に、どんなに知識と文才があっても、執筆できる記事の本数には限りがあります。

記事代行サービスであれば、同時に複数の記事の作成を依頼できます。短い期間に、大量の記事が必要な場合には、クラウドソーシングを利用して、安価に記事を確保するという選択肢もあります。

ただし、先に述べたように、クラウドソーシングのサービスは、書き手の実力に差があるので、納品された原稿は担当者が目を通しておく必要があります。

ライティング代行サービスを利用するデメリット

赤い紙袋で顔を隠し、しゃがみ込む人物。

次に、代行サービスに記事作成を依頼することで、発生するデメリットについても確認しておきます。

費用がかかる

記事の作成を内製化すれば、コストは人件費だけで済みます。しかし、仕事を外注する以上、当たり前のことですが費用が発生します。

起ち上げたばかりで、運営がまだ軌道に乗っていないオウンドメディアにおいては、記事を外注するために予算を確保できるかが、担当者にとって大きな壁となるでしょう。

依頼したライターが自社サイトにマッチしない

記事を依頼すると、代行サービス会社が選定したライターに仕事を振り分けることになります。ライターのコーディネートは会社に任されるので、依頼する側は人選に口を挟めません。

こちらが希望した通りの記事を書いてくれるかどうかは、納品されたものを確認するまでは分からないのです。

もちろん、代行サービスが選んだライターである以上、それなりの実力は備えているでしょうが、サイトのコンセプトや、読者に伝えたい要点を十分に理解しているとは限りません。

サイト運営の方向性にそぐわない、集客にも貢献しない内容の記事に仕上げてくることもあり得ます。これは依頼する企業側と、ライターとの相性の問題と言い換えてもいいかもしれません。

サイトのコンセプトと記事を掲載する目的を、ライターがしっかり受け止め、咀嚼して記事に落とし込むには、ある程度の時間を要するものです。

WEBコンテンツ制作を作成する上で、ライティングは外部のプロに任せるべき

テーブル越しに握手するスーツ姿の男性

オウンドメディアを運営する上で、読者の読みたくなる記事を、定期的に更新することは大切な作業です。

ただ、担当者が記事の作成まで内製しようとすると、必要以上に時間を取られてしまい、他の業務がおろそかになってしまう恐れがあります。そこで、記事の執筆は外部の代行サービスに任せれば、担当者はサイトの企画やSEO対策など、自社メディアの全体を見通した業務に専念できるでしょう。

弊社では、紙媒体やWEBコンテンツにおいて、インタビュー記事からSEO記事に至るまで、網羅的に制作できるライターネットワークを構築しております。また、弁護士や医師などの専門家による監修、編集・校正・校閲のプロによる、記事の品質保持を保証しております。安定して高品質のコンテンツを必要とされている方は、是非、お声がけ下さい。

関連記事

おすすめ記事

  1. 国内の新型コロナウィルスの感染者数は日ごとに拡大し、4月17日現在で1万人※1を…
  2. 新型肺炎コロナウイルス関連助成金(2020年度4月版)をご説明します。…
  3. 営業のアポ取りにはコツがある/効果的な電話やメールによるアポ取りをご説明します。…

読まれている記事

  1. 2020-2-13

    FX各国通貨の特徴を抑えよう

    通貨の特徴を知れば、儲けのポイントが見えてくる 外国為替証拠金取引で取引できる通貨…
  2. 2019-12-9

    東京海上様向けブランディングツール制作実例

    東京海上日動火災保険の皆様です。 弊社のクライアントである東京海上日動火災…
ページ上部へ戻る