ライティング代行

DCのライティング代行における3つの特徴


デファクトコミュニケーションズのライティング代行事業は、クオリティ・
オペレーション・専門性の3つの観点から他社との差別化を実施しています。

1.クオリティ


当社は約300人の汎用的ライター、また約50人の経験豊富なプロフェッショナル
ライターをネットワークとして抱えています。特に、プロフェッショナルライター陣は、
基本的に過去に新聞社、雑誌社、出版社などで経験を積んできた人材であり、
そのスキルをウェブライティングやその他のマーケティング・販売促進資料の作成に
活かすことで、高品質なコンテンツを生産するシステムを導入しています。

クライアント様のニーズによって、適切なライターをアサインし、最適な品質の
文章コンテンツを提供することができます。





2.オペレーション


企業や個別のプロジェクトに応じた文章コンテンツ制作においては、事前に
業務自体のゴールを明確に把握し、ライター陣にその概念を伝える必要があります。
当社はライターの他に、プロジェクトマネージャーとしてエディターを置く
オペレーションを実装することで、文章品質の平準化と情報編集の適切性を担保
しています。
また、当社はライティングの品質を担保するために6つのスキルを図るテストを実施。
ライター陣をそれぞれのスキルセットによって段階管理しています。
それぞれのレベルに応じた適切なプロジェクトにアサインすることにより、
最適な項数とコストを実現しています。

3.専門性


当社のライター陣の経験値・知識は多岐にわたり、あらゆるプロジェクトに対応
することができますが、特に強い領域としては、プロフェッショナル領域としての
ビジネス・金融、法務・財務、医療などが挙げられます。金商法やコンプライアンス、
また薬事法などに抵触せず、訴求力の高いライティングを実施することが可能です。