Design

企業コミュニケーション戦略
設計

企業の魅力を最大化するための「企業コミュニケーション戦略」の設計を提供します。

サービス概要

5つの観点から、企業・サービスの「訴求方針」、「対象ユーザー」、「最適な手法」などを選定していきます。

それぞれの企業の経営・営業戦略や、事業部ごとの状況やKPIを考慮し、コミュニケーション戦略の根本的な目的を策定します。

企業として、「どんなユーザーに、企業、商品・サービス群を認知してもらいたいか」を整理することで、主要なペルソナを定義します。

想定ペルソナのライフステージ、ライフイベント、取引状況などを考慮しつつ、訴求したい企業、商品・サービス群の魅力を整理し、優先順位を策定していきます。

自社所有メディア、その他必要なメディアを整理し、カスタマージャーニーを考慮したタッチポイント構築を実施します。

媒体性質に合わせたトーン&マナーを制定し、実際に制作可能なリソースのスキルセット・定義を明確にします。

標準導入期間3~6カ月

プロジェクトに関係する部署経営企画部、広報部、営業部、マーケティング部

アプローチ

基本となる作業工程をベースに、クライアント企業様の状況・ニーズ、視点(短期的か、長期的かなど)を考慮しながら作業の詳細設計を行っていきます。

  • 経営計画や部署内の状況に基づく方針・KPIの理解
  • プロジェクト規模・予算感の擦り合わせ
  • 情報の不足を埋める各種リサーチ
  • 競合サービスやトレンドなどの分析
  • コミュニケーション戦略のベクトル策定
  • 企業内部の顧客に関するデータ収集
  • 外部・公的情報のリサーチ・収集
  • 訴求すべきペルソナの仮説立て
  • 訴求すべき取引深度の仮説立て
  • 企業・サービスの強みの全量抽出
  • ロジカル・エモーショナル項目への整理
  • 想定ペルソナを前提とした訴求項目の選定
  • 訴求内容に応じた制作ルールの策定
  • 現状のタッチポイントの全量抽出
  • タッチポイントのグルーピング
  • 必要な追加媒体の選定
  • 全使用媒体の組み合わせ決定
  • 媒体に応じたコンテンツレイアウトの設計
  • デザインコンセプトの設定
  • 制作上のトンマナの設定

導入実績

支援実績企業 約45社